医院施設等

待合室から玄関を望む
X線骨密度測定装置
 腰(腰椎)、太もも(大腿)、二の腕(前弯)等の骨のカルシウムの密度を測定し、骨粗しょう症の診断、治療効果の判定に役立てます。
理学療法室

X線(CR)撮影装置

CR(computed radiography)撮影では、フィルムを使用せず、画像をデジタル信号で記録しますので、以前よりX線の被ばく量が少なく、診察室のモニターで濃淡を変えたりサイズを拡大した精度の高い画像を見る事ができます。

DSC_0794_1.JPG
​                 超音波診断装置
               (エコー装置)

足関節捻挫などの靭帯損傷や肉離れ、腱板断裂など軟部組織の異常を見つけるのに役立てます。